「法律擬報2」全文公開

■「法律擬報」とは!
擬人化することで法律を好きになろうとたくらむ大林がお送りする小冊子です。
大林がコミケに参加する度、新刊を出します。
タイトルと表紙は、日本評論社様の「法律時報」のオマージュです。
(発案者は、猫務庁の野良猫様)

■どこで買えるの?
年2回開催のコミックマーケット、コミティアなどの「同人誌即売会イベント」か、通販であればBOOTHで買えます!

■バックナンバーについて。
「法律擬報」の再版は1回。
(基本号である「0号」は、加筆修正して版を重ねていきます)
紙製本の販売終了後約半年間は紙製本と同価格でBOOTHにて電子版を販売。
半年以上経過の後、WEBサイト・pixiv にて無料公開します。


□「法律擬報2」は、2015年8月コミケにて初売り、2018年12月コミケにて終売。2019年8月から全文公開とします。

[法擬]平成30年度六法

平成30年度六法を買うときに、
多くの六法がしれっと「改正法」を「現行法」みたいに掲載していて混乱したので
4コマにしようとネタメモしてたのに気づけばもう31年度が出る時期。
(尚、30年度版デイリー六法では「現行民法」という枠で完全体?が拝める)

20180915up

夏コミ受かりました!

夏コミ受かりました!
8月12日(日)東地区「ピ35a」です!
コミケにお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ~
新刊・グッズ販売等のお知らせはまた後日!

20180610up

なんとなく

私だけですかねぇ…

刑法の基本書読んでると、
刑法の弱点とか指摘されてかわいく見えるんですよ…

他の法律の基本書読んでると、
突然引用で登場する刑法がひたすらキリッとかっこよく見えるんですよ…

こう……雑踏で見つけた憧れの人、みたいな?
きもくてすみません。
もう、法律書は萌え本ですわ…この病、治りませんわ

20180505up

接見指定

判例を読んでいて、こんな会話に見えたので描いてみた。

刑訴の全面改正の過程を見ると、
人権保障をともかく強化しようとするGHQ勢と
捜査機関の権限を維持しようとするP勢の攻防に
萌えm……(咳払い

英米流の刑事司法と
大陸法に親しんだ日本の検察・警察がぶつかったわけです。

機会あらば是非どこぞで読んでみてください。
萌えます(言った

20180429up

格差

本を読んでいて「法律の方が格が上である」といった表現を見て、
たいそう萌えたので描いた。
(「優劣」という表現に慣れていたのでちょっと新鮮で…)

20180421up