刑法と軽犯罪法2

※適当な補足説明※
◆塀の上に登る行為は…何罪か?!

建物の種類・構造を考慮して塀を建物の一部と捉え、
塀によじ登って中を覗き見た行為につき、
刑法の「不法侵入罪」が成立するとした判例があります。
但し、判例も「一例」に過ぎません。
場合によりけりです。

◆「丙」って?
法学では事案の説明をする際に、
登場人物を「甲・乙・丙・丁・戊…」と表記することがあります。
「A・B・C…」と書くこともあります。

20100911up

0