4コマ免疫学「好塩基球」

好塩基球(こうえんききゅう
Basophils

好中球と同じく内側に顆粒をもつ免疫細胞です。
防衛軍(白血球)の2%を占める。

侵入者を貪食もしますが、
自分たちよりも大きい寄生虫にも対応します。

火力攻撃(炎症)が得意で、
ヒスタミンやロイコトリエンなどを放出して、
炎症を起こす。
(反応が過剰になるとアナフィラキシーを誘導してしまう)

見た目や行動が
マスト細胞(肥満細胞)に似ているということで、
最近まであまり注目されていませんでした。
(まだまだわからないことがいっぱい)

Th2タイプのサイトカイン(IL-4やIL-13)を大量に産生・分泌し、
ナイーブTをTh2化させる要因とも言われています。

前へ(好中球)<  一覧へ戻る   >次へ(好酸球)

0