解説>Being第14話

指揮官(ヘルパーT細胞)には色々種類があります。今回は2種類だけご紹介。

ハリソン(左)は、第1種指揮官(Th1)。原始的な「兵での戦い」(キラーT=CTL)を指揮。
ハインツ(右)は、第2種指揮官(Th2)。現代的な「化学兵器での戦い」(B細胞)を指揮。

現代人の体では、Th2が優位とか。
作中では、ハリソンがやや気弱に、ハインツを強気に描いています。

「リガンド・グラン」
…フルネームは初登場時に紹介しましたが、忘れられてそう。
名前の由来は、リガンド(特定の受容体に特異的に結合する物質)と、グランザイム(細胞を傷害する顆粒)です。

第15話へ

各話一覧へ

0